• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
 
 

NEWS

8/21(日) あたらしい保育イニシアチブ2022開催 のお知らせ

東京大学で新しい保育を考える【あたらしい保育イニシアチブ2022】を8/21(日)に開催。
大豆生田啓友氏、中川政七氏、他著名人も登壇 ~官民学が一体になり多角的に保育を見つめる~

学校法人 正和学園(本拠地:東京都町田市山崎町2261-1)が協賛する
「あたらしい保育イニシアチブ2022」が東京大学にて開催されます。
「あたらしい保育イニシアチブ2022」では、東京大学の三講堂を使って、官民学が一体で多角的に
保育を見つめ、知恵を出し合い、リアルでしかできない話、リアルでしかできない交流から、
あたらしい保育の形を創造する場とします。

<イベント概要>
日時:2022年8月21日(日)9:30~18:00(OPEN 9:00)
場所:東京大学
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3安田講堂、伊藤謝恩ホール、福武ラーニングシアター
内容:あたらしい保育の形を考える場      
【イベント詳細URL】https://hoiku-initiative.jp/event/2022/

イベントの参加にはチケット購入が必要です。参加要件は、下記のとおりとなります。
会場参加のご対象:
保育・教育・福祉施設代表者(代表者および施設長)、保育関係事業代表者、教育者、官公庁
オンライン参加のご対象:
リアル対象に加えて、リアル対象法人の従業員、報道関係者  
【チケット申し込みはこちら】https://eventregist.com/e/atahoi2022

「あたらしい保育イニシアチブ」とは
保育関係者が既存の制度や事業にとらわれず、未来の保育ビジョンを共に描き、喜び合い、
議論する場を作っている団体です。現在、保育を取り巻く状況は大きく変化しています。
厚生労働省のデータによると、2021年4月の全国待機児童数は5,634人で、前年の半数以下にまで
減少し、調査開始以降最も低い数値となりました。今後、待機児童問題解決後の保育施設、
幼児教育の在り方を考えていく必要があると感じ、保育関係者と「あたらしい保育イニシアチブ」を
立ち上げています。
【 あたらしい保育イニシアチブHP】https://hoiku-initiative.jp/