• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Instagram
 
 

事業について

Concept

子どもたちと向き合い、
社会の未来を築くための4つの指針。

正和行学グループでは、これからの「いきいき社会」を創るために、グループ全体で大切にしている4つの指針があります。子どもたちの成長の糧となる環境をつくるために、現在の社会課題を解決するために、未来のために……。私たちだからできること、やるべきことを模索し、実践していくことで、社会の未来を築いていきます。

1

自然とのいとなみ

どの施設に通う子どもたちも、
日常的に自然と触れあう機会を。

自然の中で遊ぶことは、子どもたちの「自分で考えて行動する力」を育むのに最も良いことが教育研究の観点からもわかっています。私たちは以前からずっと、子どもたちが自然と触れあう機会を大切にしてきました。町田自然幼稚園の敷地にある雑木林をはじめ、園地や田畑といった豊かな自然環境をグループ全体でシェアできる仕組みを形成することで、自然との時間を創出しています。

2

地域とのつながり

人と人との新しい関係を築く
サービスを提供するために。

施設運営やサービスの提供を通じて、地域が抱える保育課題を改善へと導いたり、保護者や地域住民が気軽に交流できる場を生み出したりと、街や地域の活性化へとつなげています。近年では、企業や行政と連携しながら送迎ステーションやシェア保育園といった、新しい保育のカタチを生み出す取り組みも。正和行学グループを起点に、地域と保育の新しい関係を築き続けていきます。

3

世界へのひろがり

グローバルな視点で事業を拓き、
子どもたちの多様性を育む。

東京外国語大学併設の保育園開設や、海外の保育者育成支援など、グローバル社会を見据えた事業を積極的に展開しています。また、子どもたちの多様性や将来性をしっかりと育めるよう、世界が注目する幼児教育や保育の事例を各施設で実践。新しい価値観を柔軟に取り入れ、時代に適したサービスや環境の提供を目指しています。

4

未来へのこころみ

歴史を活かして、
保育の新しい当たり前を創り続ける。

シェアハウス一体型保育園の開業や、地域の子どもラウンジをオープンするなど、保育業界の常識にとらわれず、常に新しい保育のカタチを生み出してきました。80年の歴史で培ってきたノウハウを活かしながら、時代や地域のニーズをいち早く掴み、社会にとって本当に必要なサービスを、これからも創り続けていきます。